世界初・歯周ポケット奥を洗浄できる電動歯ブラシ!

日本国内で歯周病に悩まされる人の数は、250万人を超えます。
これは、ガンや糖尿病にかかる人を上回る数。

20代半ばから徐々に進行し、知らず知らずのうちに悪化する病気として知られています。

歯周病は、歯と歯茎の間に「歯周ポケット」と呼ばれるスキマができて徐々に歯茎が痩せていき、最終的には抜歯にいたる病気です。
この歯周ポケットは放置するとどんどん深くなっていきますが、その原因は歯垢(プラーク)の中の歯周病菌です。
一般に歯周病菌と呼ばれる菌は1種類だけではないのですが、どれもが酸素を嫌う性質を持っています。

歯が抜けるだけでなく、ヒドい口臭も引き起こす歯周病。
そのツラい症状に悩む患者の方も、非常に多いです。
また、病院に行っても適切な処方がされず、ますます悪化させてしまうというケースも報告されています。
どうすれば、コワい歯周病を防ぐことが出来るのでしょうか。

『デントール』は、そんな歯周病対策のために作られた電動歯ブラシです。
口腔洗浄機のジェット水流や超音波歯ブラシなど…
多くのメーカーが様々な電動歯ブラシを販売していますが、実はどれも歯周ポケットの内部までは届かないものばかりです。
これは、歯周ポケットが厚い歯肉でおおわれていることが原因です。

歯周ポケットの深さが数ミリ以上になると、歯医者さんで行われる専用のスケーリングでも、歯周病の原因物質であるポケット内の歯垢を除去するのが困難になってしまいます。
これが、歯医者に行っても歯周病が改善しない一因であるのです。

『デントール』は、そんな電動歯ブラシとは一線を画す電動歯ブラシです。
なんと世界で始めて、歯周ポケット内の歯垢を奥まで除去することが可能なのです。

専用のブラシが毎秒20‾30回縦振動をすることで、歯周ポケットの奥を確実にブラッシング。
それと同時に水流が患部を洗浄するので、歯茎を傷つけることなく歯周ポケットを清潔に保てるのです。

また、水流と共に酸素が送り込まれるシステムも搭載。
歯周病菌の大敵である酸素により、歯周ポケットに歯周病菌が常駐するのを防ぎます。

ブラシの振動により歯茎の血行を促進し、自然治癒力を向上する効果や、口臭解消にもつながります。
『デントール』は、まさに歯周病に悩む人たちの救世主と言えるでしょう。

事実、歯周病に悩む方々から、続々と「症状が改善した!」との喜びの声が届いています。
もしアナタやアナタの周りの人たちが歯周病でお困りならば。
歯周病を撃退するためだけに作られた電動歯ブラシの『デントール』で、歯周病を改善しようではありませんか。

SNSでもご購読できます。